menu

感染症の予防・治療について

感染症の予防・治療について

感染症の種類によって、ワクチンの有無や流行しやすい時期、予防・治療の方法は異なります。
感染症の流行時には日常生活でできる予防が大切です。

ワクチンの有無と感染症の一般的な流行時期

ワクチンの有無と感染症の一般的な流行時期

感染症の一般的な予防方法

①手洗い

石けんをしっかり泡立てて、手指の横や先端、手首の上、できれば、ひじまで洗い、流水で洗浄します。

②咳やくしゃみをするときは口や鼻をしっかり覆う

咳やくしゃみをする場合は、ハンカチ、タオル、ティッシュなどで口を覆い、他人に浴びせないよう注意します。ハンカチやティッシュがない場合は、手のひらではなく、ひじの内側で口を覆います。

③嘔吐物などは適切に処理する

嘔吐物や便、血液、体液などに接するときは手袋を使用し、できればマスクやゴーグルなどを着用します。また、嘔吐物や便が付着した場所は、塩素系の消毒液で消毒します。処理後の手洗いはより丁寧に行いましょう。

④清掃をする

ドアノブ、手すり、ボタン、スイッチなどは、水拭き後、1日1回アルコール消毒します。

ウイルスを早く見つける。
インフルエンザの予防・治療について
インフルエンザの予防・治療について

感染症の種類によって、ワクチンの有無や流行しやすい時期、予防・治療の方法は異なります。
感染症の流行時には日常生活でできる予防が大切です。

ギンゾウ

ワクチンの有無と感染症の一般的な流行時期

ワクチンの有無と感染症の一般的な流行時期

感染症の一般的な予防方法

①手洗い
石けんをしっかり泡立てて、手指の横や先端、手首の上、できれば、ひじまで洗い、流水で洗浄します。

②咳やくしゃみをするときは口や鼻をしっかり覆う
咳やくしゃみをする場合は、ハンカチ、タオル、ティッシュなどで口を覆い、他人に浴びせないよう注意します。ハンカチやティッシュがない場合は、手のひらではなく、ひじの内側で口を覆います。

③嘔吐物などは適切に処理する
嘔吐物や便、血液、体液などに接するときは手袋を使用し、できればマスクやゴーグルなどを着用します。また、嘔吐物や便が付着した場所は、塩素系の消毒液で消毒します。処理後の手洗いはより丁寧に行いましょう。

④清掃をする
ドアノブ、手すり、ボタン、スイッチなどは、水拭き後、1日1回アルコール消毒します。

インフルエンザの予防・治療について
  • インフルエンザの症状
  • マイコプラズマ肺炎の症状
  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状
  • RSウイルス感染症の症状
  • 咽頭結膜熱の症状
  • 手足口病の症状
  • ヘルパンギーナの症状
  • 流行性角結膜炎の症状
医療施設検索
感染症クイズ
ウイルスを早く見つける
富士フイルム株式会社 監修:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)