menu

マイコプラズマ肺炎の予防・治療について

マイコプラズマ肺炎の予防・治療について

マイコプラズマ肺炎の予防

マイコプラズマ肺炎に有効なワクチンはなく、
流行時は日常生活でできる予防が大切

※1年を通して流行する可能性があるが、秋の終わりから春の初めにかけておきやすい傾向にある。

人ごみを避ける
飛沫感染を避けることができます。
マスクを着用する
マスクを着用し、肺炎マイコプラズマを吸い込んだり、ヒトにうつしたりしないことが重要です。
帰宅時に手洗い、うがいを励行する
アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
マイコプラズマ肺炎の治療

肺炎マイコプラズマを殺菌し、増殖を抑える:抗菌薬

多くの場合、最初はエリスロマイシン、クラリスロマイシンなどのマクロライド系抗菌薬が使われます。これらの抗菌薬は肺炎マイコプラズマの細胞分裂を抑えて殺菌し、症状を軽減します。
抗菌薬は医療機関を受診し、検査をして肺炎マイコプラズマに感染していると診断された場合に医師から処方してもらいます。

マイコプラズマ肺炎Q&A その3
抗菌薬に耐性のある肺炎マイコプラズマが出ていると聞きました。
耐性菌に感染した場合、症状はより重くなりますか?
近年、マクロライド耐性マイコプラズマが出現しています。マクロライド耐性マイコプラズマに感染した場合、お薬を飲んで熱が下がるまでに少し時間がかかる可能性はありますが、耐性化は症状の悪化に関係しないと考えられています。
マイコプラズマ肺炎は菌による細胞への傷害性は高くありません。症状が悪化する原因には、宿主(患者)の免疫反応が強く働いて炎症が進むことも関係すると考えられています。
ウイルスを早く見つける。
マイコプラズマ肺炎の予防・治療について
マイコプラズマ肺炎の予防・治療について
マイコプラズマ肺炎の予防
マイコプラズマ肺炎に有効なワクチンはなく、流行時は日常生活でできる予防が大切

※1年を通して流行する可能性があるが、秋の終わりから春の初めにかけておきやすい傾向にある。

人ごみを避ける
飛沫感染を避けることができます。
マスクを着用する
マスクを着用し、肺炎マイコプラズマを吸い込んだり、ヒトにうつしたりしないことが重要です。
帰宅時に手洗い、うがいを励行する
アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

マイコプラズマ肺炎の予防

マイコプラズマ肺炎の治療
肺炎マイコプラズマを殺菌し、増殖を抑える:抗菌薬

多くの場合、最初はエリスロマイシン、クラリスロマイシンなどのマクロライド系抗菌薬が使われます。これらの抗菌薬は肺炎マイコプラズマの細胞分裂を抑えて殺菌し、症状を軽減します。
抗菌薬は医療機関を受診し、検査をして肺炎マイコプラズマに感染していると診断された場合に医師から処方してもらいます。

マイコプラズマ肺炎Q&A その2
Q
抗菌薬に耐性のある肺炎マイコプラズマが出ていると聞きました。
耐性菌に感染した場合、症状はより重くなりますか?
A

近年、マクロライド耐性マイコプラズマが出現しています。マクロライド耐性マイコプラズマに感染した場合、お薬を飲んで熱が下がるまでに少し時間がかかる可能性はありますが、耐性化は症状の悪化に関係しないと考えられています。
マイコプラズマ肺炎は菌による細胞への傷害性は高くありません。症状が悪化する原因には、宿主(患者)の免疫反応が強く働いて炎症が進むことも関係すると考えられています。

  • インフルエンザの症状
  • マイコプラズマ肺炎の症状
  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状
  • RSウイルス感染症の症状
  • 咽頭結膜熱の症状
  • 手足口病の症状
  • ヘルパンギーナの症状
  • 流行性角結膜炎の症状
医療施設検索
感染症クイズ
ウイルスを早く見つける
富士フイルム株式会社 監修:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)