menu

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防・治療について

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防・治療について

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎に有効なワクチンはなく、
流行時は日常生活でできる予防が大切。

※冬から春にかけておきやすい傾向にある。皮膚感染症は夏から秋にかけておきやすく、感染部位によって流行時期が異なる。

人ごみを避ける
飛沫感染を避けることができます。
マスクを着用する
マスクを着用し、細菌を吸い込んだり、ヒトにうつしたりしないことが重要です。
熱が出ている間は感染性が高いため、特に注意が必要です。
帰宅時に手洗い、うがいを励行する
アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の治療

A群溶血性レンサ球菌を殺菌し、増殖を抑える:抗菌薬

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎にはペニシリンやセフェム系の抗菌薬が使用されます。
これらの抗菌薬は細菌の細胞壁に働きかけて殺菌し、増殖を抑えることで、症状を軽減します。
軽快後もA群溶血性レンサ球菌が残っているとすぐに再発したり、合併症をおこしたりする可能性があるため、症状が治まってもしばらくはお薬を飲み続ける必要があります(治療を開始してから10日間ほど)。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎Q&A その2
熱が下がって症状も治まったのに、お薬を飲み続ける必要があるのはなぜですか?
症状が治まっても体内にA群溶血性レンサ球菌が残っていた場合、すぐに再発することや、耳や鼻など他の部位に感染して中耳炎や鼻腔炎などをおこすことがあります。また、心臓に障害をおこすリウマチ熱や、腎臓に炎症をおこす急性糸球体腎炎などの重篤な合併症につながる可能性もあります。
A群溶血性レンサ球菌を完全に殺菌するため、症状が治まっても医師の指示がある間はお薬を飲み続けてください。
ウイルスを早く見つける。
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防・治療について
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防・治療について
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防
A群溶血性レンサ球菌咽頭炎に有効なワクチンはなく、流行時は日常生活でできる予防が大切。

※冬から春にかけておきやすい傾向にある。皮膚感染症は夏から秋にかけておきやすく、感染部位によって流行時期が異なる。

人ごみを避ける
飛沫感染を避けることができます。
マスクを着用する
マスクを着用し、細菌を吸い込んだり、ヒトにうつしたりしないことが重要です。
熱が出ている間は感染性が高いため、特に注意が必要です。
帰宅時に手洗い、うがいを励行する
アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の予防

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の治療
A群溶血性レンサ球菌を殺菌し、増殖を抑える:抗菌薬

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎にはペニシリンやセフェム系の抗菌薬が使用されます。
これらの抗菌薬は細菌の細胞壁に働きかけて殺菌し、増殖を抑えることで、症状を軽減します。
軽快後もA群溶血性レンサ球菌が残っているとすぐに再発したり、合併症をおこしたりする可能性があるため、症状が治まってもしばらくはお薬を飲み続ける必要があります(治療を開始してから10日間ほど)。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎Q&A その2
Q
熱が下がって症状も治まったのに、お薬を飲み続ける必要があるのはなぜですか?
A

症状が治まっても体内にA群溶血性レンサ球菌が残っていた場合、すぐに再発することや、耳や鼻など他の部位に感染して中耳炎や鼻腔炎などをおこすことがあります。また、心臓に障害をおこすリウマチ熱や、腎臓に炎症をおこす急性糸球体腎炎などの重篤な合併症につながる可能性もあります。
A群溶血性レンサ球菌を完全に殺菌するため、症状が治まっても医師の指示がある間はお薬を飲み続けてください。

医療施設検索
感染症クイズ
ウイルスを早く見つける
富士フイルム株式会社 監修:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)