menu

インフルエンザウイルス感染後の経過にそって、インフルエンザについて勉強しましょう。

手足口病の症状について

手足口病ってなに?

手足口病は、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染によって、口の中や周りや手足の先に水ぶくれ状の発疹が現れる病気です。近年、数年に一度の頻度で乳幼児の間で大流行しています。感染後、どのような経過をたどるのかみてみましょう。

感染経路は3つ!
2歳以下の乳幼児に感染が多く、保育施設などで集団感染に注意が必要!

①飛沫(ひまつ)感染

感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び出したウイルスを吸い込むことにより感染します。

②接触感染

感染者が手を触れたドアノブ、スイッチ、おもちゃなどに触れることによりウイルスが手に付着し、さらにその手で目や鼻、口などに触れることで、その部位の粘膜から体内に入り感染します。

③経口感染

感染後は約2~4週間にわたり便中にウイルスが排出されます。乾燥した便の粒子を吸い込んだり、トイレやおむつ替えの後で十分に洗っていない手で顔などに触れたりすることで感染します。

潜伏期は約2〜7日。

感染してから数日の間は特に症状は現れません。

手足の皮疹、口内炎などの症状が出現!

手のひら、足の裏や甲、口の中に2~3mmの水ぶくれ状の発疹が現れます。口の中の発疹は、しばしば潰れて口内炎になります。また、腹痛、下痢に加え、発熱や鼻水などのかぜに似た症状を伴うこともあります。発熱は患者の約3分の1にみられますが、高熱が続くことはあまりありません。

症状が治まってもウイルスの排出が続くので要注意!
また、症状が重い場合は医療機関を受診。

ほとんどの場合は1週間前後で軽快し、発疹のあとも残りません。ただし、症状が治まってもウイルスの排出は続き、感染から2~4週間はウイルスが便の中に排出され、感染源になるため注意が必要です。
基本的には症状の軽い病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などがおこる場合があります。特に乳幼児が感染した場合は、よく観察してあげることが大切です。下記のような症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

  • 高熱が出る
  • 発熱が2日以上続く
  • 嘔吐する
  • 頭を痛がる
  • 視線が合わない
  • 呼びかけに応えない
  • 呼吸が速くて息苦しそう
  • 水分がとれずにおしっこがでない
  • ぐったりとしている
手足口病&A その1
手足口病と診断されたら、学校や保育施設はどのくらい休まなければいけませんか?

手足口病は、症状が治まってからもしばらくウイルスの排出が続くうえ、症状がなくても気づかないうちに感染しているケースもあります。こうしたことから、発病している間だけ学校・保育施設を休ませてもあまり効果的な予防にはならず、インフルエンザやおたふくかぜなどのように登園・登校に関して法で定められた規則はありません。
患者の全身状態が安定していれば登校・登園は可能ですが、学校や保育施設によっては独自の基準を定めていることもあるため、施設側に確認するのが望ましいでしょう。

ウイルスを早く見つける。
手足口病の症状について 手足口病の症状について
手足口病ってなに?

手足口病は、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスの感染によって、口の中や周りや手足の先に水ぶくれ状の発疹が現れる病気です。近年、数年に一度の頻度で乳幼児の間で大流行しています。感染後、どのような経過をたどるのかみてみましょう。

感染から軽快まで

感染
手足口病の予防・治療について
感染経路は3つ!2歳以下の乳幼児に感染が多く、保育施設などで集団感染に注意が必要!
①飛沫(ひまつ)感染
感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び出したウイルスを吸い込むことにより感染します。
②接触感染
感染者が手を触れたドアノブ、スイッチ、おもちゃなどに触れることによりウイルスが手に付着し、さらにその手で目や鼻、口などに触れることで、その部位の粘膜から体内に入り感染します。
③経口感染
感染後は約2~4週間にわたり便中にウイルスが排出されます。乾燥した便の粒子を吸い込んだり、トイレやおむつ替えの後で十分に洗っていない手で顔などに触れたりすることで感染します。
↓
潜伏期(約2〜7日)
潜伏期は約2〜7日。

感染してから数日の間は特に症状は現れません。

↓
発症(約1週間)
手足の皮疹、口内炎などの症状が出現!

手のひら、足の裏や甲、口の中に2~3mmの水ぶくれ状の発疹が現れます。口の中の発疹は、しばしば潰れて口内炎になります。また、腹痛、下痢に加え、発熱や鼻水などのかぜに似た症状を伴うこともあります。発熱は患者の約3分の1にみられますが、高熱が続くことはあまりありません。

発症(約1週間)
↓
軽快
症状が治まってもウイルスの排出が続くので要注意!
また、症状が重い場合は医療機関を受診。

ほとんどの場合は1週間前後で軽快し、発疹のあとも残りません。ただし、症状が治まってもウイルスの排出は続き、感染から2~4週間はウイルスが便の中に排出され、感染源になるため注意が必要です。
基本的には症状の軽い病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などがおこる場合があります。特に乳幼児が感染した場合は、よく観察してあげることが大切です。下記のような症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

軽快
  • 高熱が出る
  • 発熱が2日以上続く
  • 嘔吐する
  • 頭を痛がる
  • 視線が合わない
  • 呼びかけに応えない
  • 呼吸が速くて息苦しそう
  • 水分がとれずにおしっこがでない
  • ぐったりとしている
手足口病Q&A その1
Q
手足口病と診断されたら、学校や保育施設はどのくらい休まなければいけませんか?
A

手足口病は、症状が治まってからもしばらくウイルスの排出が続くうえ、症状がなくても気づかないうちに感染しているケースもあります。こうしたことから、発病している間だけ学校・保育施設を休ませてもあまり効果的な予防にはならず、インフルエンザやおたふくかぜなどのように登園・登校に関して法で定められた規則はありません。
患者の全身状態が安定していれば登校・登園は可能ですが、学校や保育施設によっては独自の基準を定めていることもあるため、施設側に確認するのが望ましいでしょう。

医療施設検索
感染症クイズ
ウイルスを早く見つける
富士フイルム株式会社 監修:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)