menu

インフルエンザウイルス感染後の経過にそって、インフルエンザについて勉強しましょう。

RSウイルス感染症の症状について

RSウイルス感染症ってなに?

RSウイルスによる呼吸器の感染症です。2歳までにほぼ100%の人が1度は感染するとされています。RSウイルス感染後の経過にそって、RSウイルス感染症について勉強しましょう。

主な感染経路は飛沫(ひまつ)感染。
2歳までに1度は感染する!

①飛沫感染

感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び出したRSウイルスを吸い込むことにより感染します。

②接触感染

感染者と直接、濃厚に接触した場合や、ウイルスの付着したおもちゃやコップ、ドアノブなどに触れたり、なめたりすることによってウイルスが眼や咽頭(のど)、鼻の粘膜に付着して感染します。

潜伏期は約4〜6日。

約4〜6日の潜伏期の後に鼻水、38〜39℃の発熱など、かぜに似た症状が現れます。

鼻水・38~39℃の発熱に続いて咳が出現。
初感染では細気管支炎・肺炎といった重篤な症状がおこることも!

鼻水や38〜39℃の発熱が数日続いたあと、咳がみられるようになります。症状は通常、約7〜12日で軽快します。
ただし、初めてかかった乳幼児の1/3は、重症化して細気管支炎や肺炎に進展する場合があり、喘鳴(ゼイゼイ、ヒュウヒュウという呼吸音)や陥没呼吸(息を吸い込むとき胸の一部が陥没する)、呼吸困難がみられることがあります。
特に6ヵ月未満の乳児は重症化しやすいことがわかっています。また、1歳以下の乳児では中耳炎の合併がよくみられます。

陥没呼吸の特徴

軽快後も予防が大切!

軽快後も1〜3週間はウイルスの排出は続くため、予防に努めます。
RSウイルスは繰り返し感染しますが、徐々に免疫ができて、軽い症状ですむことが多くなります。

RSウイルス感染症&A その1
RSウイルス感染症と診断されたら、保育園や幼稚園はどのくらい休ませなければなりませんか?

RSウイルス感染症はインフルエンザやおたふくかぜのように、出席停止期間に関する法で定められた規則はありません。「呼吸器症状が消失し、全身状態がよいこと」が登園のめやすになります。

ウイルスを早く見つける。
RSウイルス感染症の症状について RSウイルス感染症の症状について
RSウイルス感染症ってなに?

RSウイルスによる呼吸器の感染症です。2歳までにほぼ100%の人が1度は感染するとされています。RSウイルス感染後の経過にそって、RSウイルス感染症について勉強しましょう。

感染から軽快まで

感染
RSウイルス感染症の予防・治療について
主な感染経路は飛沫(ひまつ)感染。2歳までに1度は感染する!
①飛沫感染
感染者の「くしゃみや咳」と一緒に飛び出したRSウイルスを吸い込むことにより感染します。
②接触感染
感染者と直接、濃厚に接触した場合や、ウイルスの付着したおもちゃやコップ、ドアノブなどに触れたり、なめたりすることによってウイルスが眼や咽頭(のど)、鼻の粘膜に付着して感染します。
↓
潜伏期(約4~6日)
潜伏期は約4〜6日。

約4〜6日の潜伏期の後に鼻水、38〜39℃の発熱など、かぜに似た症状が現れます。

↓
発症(約7~12日)
鼻水・38~39℃の発熱に続いて咳が出現。初感染では細気管支炎・肺炎といった重篤な症状がおこることも!

鼻水や38〜39℃の発熱が数日続いたあと、咳がみられるようになります。
症状は通常、約7~12日で軽快します。
ただし、初めてかかった乳幼児の1/3は、重症化して細気管支炎や肺炎に進展する場合があり、喘鳴(ゼイゼイ、ヒュウヒュウという呼吸音)や陥没呼吸(息を吸い込むとき胸の一部が陥没する)、呼吸困難がみられることがあります。
特に6ヵ月未満の乳児は重症化しやすいことがわかっています。また、1歳以下の乳児では中耳炎の合併がよくみられます。

発症(約1~3日)
陥没呼吸の特徴
↓
軽快
軽快後も予防が大切!

軽快後も1〜3週間はウイルスの排出は続くため、予防に努めます。
RSウイルスは繰り返し感染しますが、徐々に免疫ができて、軽い症状ですむことが多くなります。

RSウイルス感染症Q&A その1
Q
RSウイルス感染症と診断されたら、保育園や幼稚園はどのくらい休ませなければなりませんか?
A

RSウイルス感染症はインフルエンザやおたふくかぜのように、出席停止期間に関する法で定められた規則はありません。「呼吸器症状が消失し、全身状態がよいこと」が登園のめやすになります。

医療施設検索
感染症クイズ
ウイルスを早く見つける
富士フイルム株式会社 監修:横田俊一郎(横田小児科医院 院長)